サッカーw杯に対して…列席世の中大幅割り増し

過去、FIFAサッカーW杯の本大会参加実情が、2026ご時世オープンの常に回を通じて、現行の32実情から48実情に大幅に射程を増やす事が決まりました。
凄いですよね…98ご時世のフランスW杯までは適切24実情だったので、もはや両方です。
それまでは適切アジア地区の射程は1.5で、日本によるなんて夢のまた夢だったのに、98ご時世から統計5大会連続で参加しているのですから、
ご時世は変わるものですね。
割とサッカー好きなので当時から観ていますが、中村俊輔の全盛期だった南アフリカ大会箇所が一番好みでした。
この頃はそれまでの守備重視からやっとプレッシャーみたい敵対に変えた日数で、独特で見応えがありました。
今はアジアも全体的にレベルが騰がって、なかなか辛くなりましたね。
アジア地区の射程も現行の4.5から増やされるのは間違いないというので、周り予選がまだまだ楽になるかなとは想定出来ますが、その頃の日本はどうなっているでしょうね。
ここ8ご時世ぐらい先達を牽引した本田圭佑や香川真司、岡崎慎司、長友みたいな選手は現れるのか…
でもこうやって考えると、これだけの有能な選手が同時期に揃ったなんて、しみじみ恵まれたご時世でしたね。
戦力的には前回のブラジル大会の時が元最強でしょう。
これだけプレッシャーの芸能人が集まったのに、結果は入り込みリーグ敗退で終わったのははたして残念でした。
来季のロシア大会にかけては、明らかにウリを過ぎた予覚がある本田や香川等に、清武や原口達若手が取って替われるかですね。
個人的には乾、細貝をまた先達に呼んでほしいのですが..
再来月の成り行き予選再開が楽しみです。クリアハーブミストを使っている人教えてください。