猫の砂堀という布団からでたくないを天秤にかけた結果は何とか

わが家には3歳になる牡猫がある。
保管猫で、わが家に来たのは生後半年くらいの等
でした。

その時はきちんとトイレではいちできていたのですが、
最近はめっきり自由にはいちしてます。
猫砂トイレの第三者でとっくり出します。不快になるほど大きいものを…(笑)

6者一家につき、船頭が多く、猫はトイレに繊細と言いますが、クレイムが出てトイレの場所が変わったり、思いがけず最中にご対面!となったりで、恋人には大迷惑だったかもしれません。
その腹いせではないのだと思いますが、ふたたび1年近隣、トイレはトイレの恩恵を作動できていません。

年始楽に、早起きの我が家の猫が、おなかすいた~、ご飯ちょうだい~、かまってちょうだい~、って男子の寝室身の回りで鳴いていました。
さて、どうしたものかといった寝床で考え、私の寝室にてきたレベルまでは良かったのですが、そういった猫、完全に当方にビビッているので、湯たんぽならぬ猫たんぽにもならず、座敷のコーナーでじーーーっと動かず。

ちょい様子を伺っているといると、座敷に落ちていた
ビニール鞄をカサカサ…布団をシュッシュッとかく音が…
不快予感と共に、まるであの悪臭が。

落ち着いて考えれば、恋人の応対、恋人の砂ほりの音レベル、次に何が来るか考えついたのですが、布団から出るのが遅れたばっかりに、朝から大物のお洗濯です。

曇り空にタオルケット干しながら、あたしから出た錆で苦笑い
やるしかない当方でした。
願わくは賢く修行をする方法がないかなあって、図る日毎です。飲み会でカロリーが気になる!チアシード配合で低カロリーでお腹いっぱい♪今なら実質無料で試せるチャンス!