自分自身には何ができるのか?天命の動揺です。

半年先、12年間働いてきた職務を辞めました。
自分にとっては命の職務・・としていたので、こうなってしまった時は前方が真っ白になりました。
職務はというと、レストランのリーダーです。
売り場のアクティベーションから関わり何十自分という部分といった接してきて、お客様も何かとできて、自分にとっては天職だと思っていました。
飼主から売り場を埋めると聞いた時は信じられませんでしたし、けれど売り場の制限状況もわかっていたので
いつかそういった太陽光がくるのではないか??としていたのも事実です。
ですが、何だかそうなってしまうと内面よりもやる事がたくさんありすぎるので、最後の日まではほんとにあっという間でした。
一緒に働いてきた部分の皆・人々のあなた・お客様・・・
己にとっては感謝してもしきれないほどうれしい鉢合わせでした。
だけど、そんな感傷に浸って要る退屈はありません。
次の日からはファンという世間が待っています。
44ご時世・単身・権利無用・・先の事を考えると恐怖しかありません。
取りあえずはフリーランス保険があるのでそれを受給しながら、自分には何ができるのか?はかる面にしました。
フリーランス保険の受給にははたらく気持ちがある・・というのが不可欠なので導入はたらきをしなければなりません。
調べていくといった、ハローワークで行われている(講習)というのがあるのを分かります。
訓練のようなもので、軌跡書の書き方や鉢合わせで失敗しない技能など、キャリアコンシェルジュと呼ばれるほうが一部分づつ丁寧に教えて受け取れる。
講習には様々なほうが受講していて、この各所といった話をするのも勉強になります。
今まで繰り返しできなかった場面、このような事がなければ逢うこともなかった自分との鉢合わせ・・
引き続き恐怖の連日ですがちょこっとづつ進んで行ければいいかなと思えるようになりました。
キャリアコンシェルジュ・・興味がある職務です。私がモテない理由はこのあばら骨。今年の夏はファティーボを効果的太る飲み方教えて